page contents

今晩はアキヒトのとこで集まりがあるみたい

30代独身サラリーマンの日常を綴った雑記。

仕事中に風邪ひいた・・・仕事どうしよ??

こんにちは、アキヒトです。

今回はただの日記です。

今日のお昼にな~んか調子悪いなぁと思って、会社にある体温計で熱を計ってみると38.6度ありました。

風邪の時に熱計って38度超えてたら、余計にしんどくなるよね~。

f:id:akihito1129:20190316144459j:plain

 

 

あぁ~、やべ~な。これ今から本格的しんどくなってくる奴だ。

とか考えながら今日という日をどう乗り切るか。それとも帰るか。僕の働いている会社は病気関係だと簡単に帰れます。良く言えば社員想い。悪く言えば締まりがない。

 

その日は朝から雨降ってて、仕事中にどうしても濡れてしまうのが何度かあった。僕は雨にあたるとすぐに風邪をひいてしまから、雨の日は注意して行動するんだけど、どうしても雨をかわせない状況があって。そこそこ濡れた。

とりあえず気だるい身体で昼食後に会社にあるパブロン飲んで、そのまま仕事してたんだけど。

 

圧倒的倦怠感!!

悪寒!悪寒!悪寒! 

悪寒!悪寒!悪寒!悪寒!悪寒!

(ここはロックな感じでお願いします)

 

絶対にすぐにでも帰った方が良い。絶対にだ。30年付き合ってきた身体がもうやめとけって!帰って寝ろって!身体半端ないって!!と、サインをガンガン出してくる。わかってるけど社会人的な責任があるから帰れない。気分はもう家に帰って寝てる妄想だけしているせいか仕事の効率は80%ダウンしている。完全に会社のお荷物状態だ。こんな僕はとっとと家に帰って、療養してとっとと完治させる方がいいだろう。

 

うん、決めた。最低限のお客さんとの約束だけして帰ろう。他のいろんな事は無視だ。(たいした用事はない)

とりあえず今日の提出の書類が2件、見積り1件出来ていない。最低でもこれだけはやって帰らないと。集中集中!!さぁ!やるぞ!

 

・・・

 

・・・・・

 

人間って不思議ですね。

 

心と身体は別ものなんですね。

 

3時の休憩チャイムがなった瞬間に僕は自分の席の床に倒れるように寝た。

(床に顔をつけないように腕枕を作った)

 

意識ははっきりしているが、マイボディがストップをかけた。

 

上司から「お前もう会議室の隅で寝とけ」と言われたけど、今まで誰もいなくて暖房もつけられていない会議室は死ぬ程寒くて、多分これ症状悪化するなと思ったがもう動けなかった。

 

毛布的なものがないから事務のおばちゃんがダンボールをかけてくれた。ありがとうございます。

 

結局仕事は何も出来ないまま、定時になると先輩が車で家まで送ってくれた。ただ風邪ひいて迷惑かけただけの日になった。とっとと帰ればよかったなと思うのは後の話し。

 

という訳で、仕事中に風邪引いたらどっちにしても周りに絶妙な迷惑がかかるからとっとと帰って寝ろ。

 

今日はただの日記です。

 

てゆうかこの前、インフルエンザになったのにね。

www.akihito1129.com