page contents

今晩はアキヒトのとこで集まりがあるみたい

30代独身サラリーマンの日常を綴った雑記。

独身で一人暮らしのサラリーマンは先取り貯金で継続していく

 

こんにちは、未来を見据えて貯金をしていきたい低収入独身サラリーマンのアキヒトです。

 

そうは言っても、満足のいく貯金まではまだまだ時間がかかるなぁという状態です。

f:id:akihito1129:20190408224023j:plain

 

 

という訳で今回は。

先取り貯金が良い理由

昔は生活費(変動費)の余った分をだけを貯金まわそうと考えて生きていたんですけど、これがまぁ貯まらないんですよね〜。

 

社会人生活当初は毎月ギリギリ(とゆうか給料日で丁度になるように)生活する癖がついていたので、毎月お金が余るという事がなかったんです。

 

しかし、今回の先取り貯金の場合は給料が入ったら先に貯金する分を取っておけるので必ず貯金出来るようになります。

 

自分の意思で貯金が出来ない人は貯金する分を先に取ってしまうようにすると、貯金を上手く出来るようになります。

 

 

先取り貯金は計画が立てやすい

これが最大のメリットです。

 

例えば9万円のパソコンを購入したいと考えます。

 

毎月1万円貯めれば、9ヶ月後には購入出来ます。

仮に1万5千円貯めれば、6ヶ月後には購入出来ます。

 

このように自分が出来る範囲で貯金し、計画的に物を購入出来るようになります。

 

 

貯金を上手くする為に考える事

f:id:akihito1129:20190408224312j:plain

何故、貯金したいのか考える

先に言っておきたいのは、何事も理由がないと長続きしません。

なんとなく未来の為に貯金したいなと考えてるだけでは貯金を続けるのは難しいです。

実際、僕もそうですし。

 

貯金する理由を明確にする

そうする事で、貯金する事に対する意識がかなり変わります。

ない場合は、気持ちも入らないので貯金事態が苦痛になります。

 

僕の場合は「車の購入したい」という気持ちで貯金しました。

最初は貯金がないのでフルローンと決め込んでいたのですが、見積りしてもらった結果フルローンだと月々の費用がかなりきつい事がわかり、とりあえず貯金する事にしました。(ちなみに中古車ですが)

 

貯金する金額を決める

さらに意識を付けるのであれば、必ず貯金する金額を決めましょう。

ぼんやりと「車購入するから、貯金するぞ!」と。

「車購入するから、100万円貯めるぞ!」とでは、全く違います。

ゴールがないといつまで貯めればいいのかも分からずに上手く貯金する事が出来ませんし、途中で諦めてしまう事があります。

 

目的を持って貯金する場合は必ず金額を決めましょう。

(僕が車を購入する時は2年かけて50万の頭金を貯めました)

 

 

金額は現実的な数値にする事

毎月どう頑張っても、5千円しか貯金出来ないのに1000万円貯めるぞ!やめましょう。

そのモチベーションを保つのは厳しいので。

 

とりあえず10万円貯める所から始めて、順次金額を上げていきましょう。

少しずつ目標達成していく事が貯金を続けるコツです。

 

 

最初は少額から始める

貯金が生活の一部になっていない場合は、最初はかなり苦しいです。

毎月2万円貯金しよとしても、2万円あれば好きな物食べて、好きな物買ってと想像してしまいます。

 

だから毎月一回服を買ったつもりで貯金してみるとか、一回ご飯を食べに行ったつもりでも良いです。 (いわゆるつもり貯金です)

継続していく事で貯金が生活の一部になり、目的がはっきりしていれば少しづつ金額を上げていく事が出来ます。

 

 

もっといい方法がある

という方もいらっしゃると思います。

当然、「そんな事は分かってる」という意見もあるでしょう。

今回の内容は当たり前の事を羅列しただけです。

 

ですが、これはなかなか貯金出来なかった僕が出来るようになった内容です。

もし貯金出来ずに困っている方に少しでも参考になればなと思います。

 

 

まとめ

f:id:akihito1129:20190408224205j:plain

貯金が上手く出来ない人は先取り貯金がおすすめ

給料が入ったら、貯金する分を先に抜いておきましょう。

 

貯金を上手く継続していくためにする事は、貯金する理由を考えて、現実的な金額を目標にして少額から始めると貯金がしやすいです。

 

一番大切なのは、意識する事です。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

以上、アキヒトでした。