page contents

今晩はアキヒトのとこで集まりがあるみたい

30代独身サラリーマンの日常を綴った雑記。

宮園クランという男

こんばんは、アキヒトです。

 

ゴールデンウィークという事で、仲良くしていただいているブロガーさんと会って食事してきました。

 

その方とは、かの有名な宮園クラン先生です。

今回はご飯をご一緒させていただいた話しです。

 

 

はじめに

僕自身、ブログで知り合った人と会ってご飯食べに行くという事が現実に起きるという事を先日まで信じていませんでしたが、実際に起きました。貴重な初体験でした。

 

 

経緯

僕と同じくはてなブログをしている人です。

www.miyazono-9ran.work

 

ファーストコンタクトがどうだったか、忘れてしまいましたが、毎度僕のしょうもない記事に気持ちの良いコメントを入れてくれる人。

 

なんだろう。

距離感というか、雰囲気というか、気配や違和感や気配りなど色々と感じるところがあり。

 

毎日コメントをやりあっている内になんだか他人とは思えなくなってきたので、勇気を出して一度ご飯にと誘ってみた所、快諾していただき今回の食事会に至りました。

 

 

対面

正直、僕自身いいオッサンなんですけど会うまで直前までめちゃくちゃ緊張しました。 

たぶん女性との初デートくらい緊張した。

 

そして、緊張の初対面。

 

 

f:id:akihito1129:20190430005143j:image

  

ネットでのやり取りしかなかったせいもあり、色々な想像だけしていたので宮園クランという男を最初僕は、幽遊白書の海藤のような男を想像していました。

 

しかし、どうでしょう。

実際にコメントのやり取り等を経ていざ目の前に来ると、そこにはメガネもかけておらず、顔にブツブツもなく、ニコニコとしたとても当たりの良いマイルドフェイスが立っていました。

 

そして僕が一安心した所で、食事会がスタートしました。

 

※なんか書きたくなったので、書いてみました。初めてデジタルで書いたんですけど、難しいですね。頭身が少しおかしくなってしまいましたし。

 

 

居酒屋

とりあえず、早くお酒を飲まねばいけなかった。

 

僕はもう何がなんやら、やたら緊張していた。

f:id:akihito1129:20190430015913p:image

どうやらクランさんも緊張していたようだが、なにか余裕を感じた。ぐぬぬ。

 

僕はお酒がくるまで、気のきいた話しをする事も出来ずにいたのだが、そんな僕にクランさんはニコニコと対応してくれていた。なんとなく、年上だしリードしないとなぁと思っていたのに、気を遣わせてしまい。申し訳なかったな。

 

ともあれ、お酒と料理が来てたので、それを飲んで食べてしている内に自然と緊張もなくなっていった。

 

時間が経つにつれ話題はクランさんの小説になっていった。

 

クラン先生の作品。これが読めるのははてなブログだけ。

nar9-onozayim.hateblo.jp

 

あれはこうでこうですよねー!?だとか、ここはこういう事ですよねー!!だとか。クランさん小説の内容を僕が偉そうに話しをしていた。

 

ふふふ、アキヒトさん。あれはね〜と優しいクランさんは素直に回答してくれた。

 

f:id:akihito1129:20190430030821p:image

 

 

しまった。

 

これネタバレやないかっ!!

 

完全なものではないにしろ、先の展開を少し聞いてしまったのだ。

 

内容を真面目に作者に聞いたら、ダメだなっていうのが、今回の事でわかった。

バカな自分に自己嫌悪したのだった。ぐぬぬ。

 

まぁしかし、それ以降はというものの本当にお酒を楽しく飲めました。プライベート内容が多かったので割愛しますが。

 

少し似通った所もあり、良い間柄になれそうだ。なんか嬉しかった。

 

 

サプライズ

話しの間でクランさんから今日は僕にプレゼントがあるという。

 

お!なんだなんだ。と思っていたら。

 

どうやら僕をイメージして本を持ってきてくれたとの事。

 

マジかぁ!!すげぇ!!

素直に嬉しい。

 

f:id:akihito1129:20190430035453p:image

 

えっ?

 

「世界征服は可能か?」というタイトルの本。

 

えっ??

 

僕はどんなイメージだったの??笑

 

 

てゆうか、センスに脱帽した。この本を選ぶチョイスが凄すぎる。ビビッた。なんかカッケェ。僕が絶対に買わない奴だわ。

 

なんかダイエットの本にすればよかったですね。とか言われたんですけど、いやいやこれで十分です。てゆうか読むの楽しみです。はい。

 

 

そんなこんなで

あっというう間の4時間半でした。

 

ただただ楽しかった。

 

うん。ただただ楽しかった。

 

そしてゴールデンウィーク中に再度集合しようとの事で、提案していただきもう一度会う事になりました。

 

いやもうなんか嬉しいよ。クランさん。言ってくれてありがと。

 

まるで僕の心を読んだようでした。

 

また次回を楽しみにしておきます。

 

以上、アキヒトでした。

 

 

あとがき

クランさん汚い絵を載せてすみません。

僕の精一杯でした。

精進します。

 

www.akihito1129.com

 


日々の出来事ランキング