page contents

今晩はアキヒトのとこで集まりがあるみたい

30代独身サラリーマンの日常を綴った雑記。

【レビュー】煙の少ないカセットコンロ「やきまる」で本当に煙が少ないのか焼肉を焼いてみました。

 こんばんは、30代低収入独身サラリーマンのアキヒトです。

 

今回は前々から気になっていた、煙の少ないカセットコンロ「やきまる」を実際に使ってみて、どの程度煙が出ないのか確認していきます。

 

家で焼肉したいけど、煙が気になってる方はぜひ参考にして下さい。

 

 

イワタニ スモークレス焼肉グリル [やきまる] CB-SLG-1 レビュー

先日、アマゾンで購入しました。

 

イワタニ スモークレス焼肉グリル やきまる CB-SLG-1 

 

 

 

やきまる内容物

正式名称はスモークレス焼肉グリル「やきまる」と言います。

 

箱から出すと説明書が同梱されています。
f:id:akihito1129:20190510100842j:image

 

袋から出すと、こんな感じで入っています。
f:id:akihito1129:20190510100853j:image

 

こちらが鉄板です。
f:id:akihito1129:20190510100838j:image

 

鉄板の表面です。

f:id:akihito1129:20190510120049j:image

「やきまる」の鉄板は通常のものと違い独特の溝の作りになっています。

 

この溝が煙をあまり出さないポイントのひとつになっているようです。

 

こちらが裏面になります。
f:id:akihito1129:20190510120046j:image

 

こちらが鉄板の下に入るもの、使用する際はこの溝に水を入れて使用します。
f:id:akihito1129:20190510100846j:image

 

こちらがカセットコンロ。

鉄板とその下に入るものは着脱式になっているので使用後も洗いやすいです。
f:id:akihito1129:20190510100817j:image

 

この謎の形状のものは鉄板を持ち上げる際に使う引っ掛け棒です。

f:id:akihito1129:20190510100823j:image

焼いた後の鉄板は熱いし、油でギトギトになっているのでその際使用するものです。

 

やきまるに必要なもの

イワタニのカセットガスです。

注意事項にイワタニ製のガスを使用して下さいとの事。

f:id:akihito1129:20190510100833j:image

普通に量販店で格安販売している、カセットガスでも良いのか確認していません。

 

なので、今回はイワタニ製のものを購入しました。
f:id:akihito1129:20190510100849j:image

やきまるの準備

まずは鉄板下の物をコンロにセットします。

f:id:akihito1129:20190510110943j:image

 

そして水を180ml入れます。
f:id:akihito1129:20190510110901j:image

 

ここには鉄板の隙間から流れ落ちた油などが溜まる所になっています。
f:id:akihito1129:20190510110855j:image

落ちた油が燃えると煙発生の元となるので忘れずに水を入れるようにしましょう。

※公式参照

 

カセットガスをセットします。
f:id:akihito1129:20190510110858j:image

 

画像では分かりにくいですが、マグネットによる着脱式になっています。
f:id:akihito1129:20190510110920j:image

よくあるカセットコンロのガッチャンするタイプじゃないので、セットする時一瞬戸惑いました。

 

さらに上に鉄板を置いて、準備完了です。
f:id:akihito1129:20190510110927j:image

 

着火します。
f:id:akihito1129:20190510110916j:image

 

隙間からやんわりと火が見えますか?
f:id:akihito1129:20190510110924j:image

火力は小さめです。

 

火力が小さいのも、鉄板の温度を一定に保って煙をあまり出さない為です。

※公式参照

 

では、お肉を焼いていきましょう。

 

 

やきまるで焼肉を焼いてみました

では、いきます。
f:id:akihito1129:20190510110934j:image

安そうなお肉だなっていう発言はなしでお願いします。

 

どうでしょうか??わかりますか??
f:id:akihito1129:20190510110851j:image

画像では分かりにくいですが、この段階ではあまり煙は出ていません。

 

裏返しましたが、やはり煙はあまり出でいません。
f:id:akihito1129:20190510110909j:image

ちょっと写真じゃわかり難いですね。

 

 

煙があまり出ない理由

写真じゃ分かり難いなぁ、と思っていたらイワタニがユーチューブに動画をアップしていました。どうぞ。


どうして煙が少ないの?「やきまる」

 

プレートの温度を高温化させない事で油の煙化を抑える

バーナーと焼き面の間に適度に熱がこもる構造にして焼き面を約210~250℃にコントロール。
直火なので焼き面温度の立ち上がりが早く、お肉がこんがり美味しく焼けます。

 

脂を炎に落とさない事で煙を出さない

脂を水皿へ落とす3つの仕組み

①表面の溝をスリットとつなげ、脂の通り道をつくる仕組み

②裏面4か所の突起により隙間をつくり、脂を効率的に落とす仕組み

③裏面の約7mmの壁で脂をバーナーに掛けない仕組み

 

直火だからお肉が美味しく焼ける

直火だから焼き面温度の立ち上がりが早く、お肉がこんがり美味しく焼けます。

 

 公式ホームページ引用

 

公式ホームページはこちら

カセットガス スモークレス焼肉グリル "やきまる" | 岩谷産業

 

 

焼肉をする際の注意点とデメリット

普段家で焼肉を焼かない人が「やきまる」を使うと忘れがちな事なんですが、焼肉すると脂ははねるし、臭いは残るという事です。

 

脂がはねる対策として、新聞紙などを下にひいて焼肉後の処理を簡単にしておきましょう。

 

僕は新聞が家になかったのでキッチンペーパーで代用しました。

 

 

焼肉をしている時は気付かないんですけど、時間が経つと臭いが結構気になります。

 

換気を良くするなどして対策する事も出来ますが、思っているより臭いが残るので僕はファブリーズ[空間用]で対応しました。

 

あと、鉄板が小さいのでどうしても人数が2~3人までとなります。

 

 

使用後の「やきまる」の鉄板

こんな感じになっています。

f:id:akihito1129:20190510115715j:image

※水滴に見えるのは全部油です。

 

見た通り、焦げ付きはほとんどありません。

※写真は使用1回目です。

 

洗う際は鉄板表面のコーティングに傷をつけないように、柔らかいスポンジを使うようにしましょう。
f:id:akihito1129:20190510110946j:image

溝に燃えカスが残りやすいので歯ブラシなど毛先の細かいもので洗うと汚れが落ちやすいです。(2回目では焦げ付きが少し発生しました)

※金スポンジを使うと傷付きやすいので注意が必要です。

 

 

ふるさと納税で購入したお肉で家で焼肉をしよう

後日、ふるさと納税で得た返礼品のお肉(牛タン)を「やきまる」でいただきました。

f:id:akihito1129:20190627173620j:image

ふるさと納税の返礼品で家でお肉を楽しみましょう。

 

 

家で焼肉をしたい人には「やきまる」がおすすめ

やきまる」使用してみた結果、実際に焼肉の煙を抑える事が出来たので、家で焼肉を楽しみたい方におすすめです。

 

焼肉屋さんへ行く事を考えれば、かなり安く済ませる事が出来るので手軽に家で焼肉を楽しむ事が出来ます。

 

家でやる場合は、どうしても飛び散る脂と臭いが残るので対策は忘れずに行いましょう。

 

コストパフォーマンス抜群の「やきまる」を使って家で焼肉ライフを楽しみましょう。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

以上、アキヒトでした。