page contents

今晩はアキヒトのとこで集まりがあるみたい

30代独身サラリーマンの日常を綴った雑記。

仕事の休憩時間で上司との会話が大事なわけ

こんばんは、30代低収入独身サラリーマンのアキヒトです。

 

上司が仕事の内容について、何を考えているか分からないって人いませんか??

 

先週言っていた事と,今週言ってる事が違う」という事を起こさないために、普段から上司とコミニケーションを取る事はとても大事です。

f:id:akihito1129:20190625145255j:plain

そうはいっても仕事外の時間で、コミニケーションをとるっていうのもなかなか難しいですよね。

 

そこで、僕が思うのは仕事中の休憩する少しの時間を利用して上司とコミニケーションをとるのがオススメです。

 

 

上司も人間だから考え方が変わるのは当たり前、あと会社の方針

その内容を具体的に説明。

 

①言っている事が違う場合

冒頭で言ったように、言ってる事が変わる上司は存在します。

 

先週=Aプランでいくぞ

今週=Bプランでいくぞ

 

部下(え?なんで??)

 

後々の事を考えると、Bプランの方が良い」と考えを変えて、その理由は言わなくてもわかるだろうと思うタイプの上司。

 

 

内容によっては上司と部下にしこりが残ります

 

②同じ内容で中身が違う場合

言ってる事が同じでも、中身が変わってる場合もあります。

 

先週=Aプランでいくぞ(急いでない)

今週=Aプランでいくぞ(急いでいる)

 

部下「わかりました」

 

会社から指示があって、急いでいるという内容をどこかで言ったつもりでいるタイプの上司。

 

これは後で大問題になるパターンです。

 

 

小さな連絡ミスが仕事に大きく支障をきたす場合があるので、仕事上での意思の疎通がとても大事になってきます。

 

 

上司とコミニケーションをとり考えの変化を読み取って、仕事を効率よくこなしていく

上司の考えをいかに理解しているかで、仕事の見え方が変わってきます。

 

上で書いたような事が起きないように上司とは普段からある程度コミニケーションを取っておく事が必要です。

 

あと、「言った、言ってない」議論の対策にもなります。 

 

 

言ってる内容が変わっている事をすぐに理解するために日常会話もある程度しておく

上で後々、大きな問題に発展する可能性があるので、普段からコミニケーションを取りましょうと言いましたが。

 

コミニケーションの内容は仕事の話しだけではなく、日常会話をしておくのもポイントです。

 

何に怒って、何に喜んで、何に感動しているのか。日々の会話からそういったニュアンスを感じ取る事で仕事内容の説明も理解しやすくなります。

 

僕の場合、上司とは結構日常の事を何でも話ししてます。たまに上司が聞き役になってくれたりします。(ありがたいですね)

 

 

会話を必要としないタイプもいるので無理に話しかけない方が良い事もある

無言で俺の背中から色々と感じとれ系の上司です。

 

今の社会ではなかなか少数派になってきましたが、一定数は存在しています。

 

無理に話しかけたりしない方がいいかもしれませんが、こっちが好意をもって接すると意外と話し好きだったりします。

 

こういうタイプの人も頑張ってコミニケション取れれば、より一層の仕事がやりやすくなるでしょう。

 

但し、求められるレベルも高かったりするので、接する頻度も程々にしておくのが良いと思います。

 

 

仕事の休憩時間は自分の時間にしたい。(上司との会話=仕事)

無理に会話する必要はありません。

 

自分の時間を確保出来ない人が大勢いますから、しっかりと休憩しましょう。問題ありません。

 

あくまで、少しでも仕事がやり易くなればなという事なので。

 

むしろ、逆に割り切って自分の時間を有意義に持つ方がいい人もいますし。

 

そもそも、仕事中にちゃんとコミニケション取れてればいい訳ですから。

 

上司の立場になっても、自分の時間が欲しいと思う人もいますしね。

 

 

仕事の休憩時間で上司との会話が大事なわけ

そんな訳で、僕が言いたい事はこちらです。

 

 

休憩の短い時間を利用して上司とコミニケション取れば、仕事もスムーズにいくようになります。

 

 

良い人間関係を作れる上司だと良いですね。

 

子は親を選べないのと同じで、部下は上司を選べませんから。(逆も然り)

 

 

 以上、アキヒトでした。

 

 


30代サラリーマンランキング  

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村