page contents

今晩はアキヒトのとこで集まりがあるみたい

30代独身サラリーマンの日常を綴った雑記。

会社の親睦会で親睦を深めるには何を食べるのかによる

こんにちは、春の夕方の肌寒い時間になると人肌恋しくなるのは30代あるあるだなぁ〜、とか思って枕をギュッと抱きしめて離さないアキヒトです。

(気持ち悪いと思われた方すみません)

 

今回は先日、会社の親睦会に行ってきた話しです。

 

 

僕と親睦会

f:id:akihito1129:20190324221717j:plain

僕の会社の親睦会は自由参加制です。なので用事がある人や行きたくない人は行かなくていいよ!ってシステム。

それはいわゆる会社特有の「そうはいっても行かないとダメなんでしょ?」という事もなく、本当に行かなくてもいいのです。

現に参加率は大体全体の50%~60%くらいです。

 

で、僕はというと基本参加しない組です。というのも僕が基本仲良くさせてもらっていたり、接点のあるメンバーがほぼ行かないっていうのが原因。

 

それと、会社における僕のポジション的な問題もあります。

僕は会社では営業というポジションなんで、製造する側とは基本壁があります。

この壁は低くなる事はあっても、無くなる事はありません。

 

親睦会に行きたくない理由

f:id:akihito1129:20190324221839j:plain

仕事が忙しくなってきたら。

製造「また営業がバカみたいな納期で仕事取ってきたぞ~(^o^)/」

製造「営業がめちゃくちゃ手間のかかる仕事取ってきたぞ~(^o^)/」

とか。これ逆もあって。

 

仕事が減ってきたら。

製造「営業が仕事取らないから暇だぞ~(^o^)/」

製造何でもいいから仕事取ってこいよ~(^o^)/」

と、ずっと文句を言ってきます。

(それ会社としてどうなの?)

 

それを聞くと、営業の僕にも言い分もあるのになぁ~ぐぬぬ・・・とか思ってますけど、この辺の話しすると1万文字位書いてしまいそうなのでこの辺にしときますが。

 

まぁ、そういう背景もあり僕の上司は「結局、酒の席ではケンカになるし、冷静な話しが出来ないから俺は参加しない」みたいスタンスなので、僕は僕でそれも分かるしで参加してきませんでした。(というかそんな話しされてたら行きにくいし・・・)

 

さらにいうと、僕の会社の人達は気性の荒い人が多くマジでケンカになる事が多発している。

(行ってる人に聞くと)「ってか毎回ケンカしてる」らしい。

 

親睦会はどこに!?

そんな感じなので、僕は今回の親睦会もスルーだなぁと思ってました。

 

僕の会社の親睦会はタイムカードの横の壁に会社行事や連絡をする為のホワイトボードが貼ってて時期になると会社のみんなが分かるようになっている。

 

そこに今回の親睦会はで今年行くお店はここだよ!って紹介している前で僕は立ち止った。

 

今回の親睦会で行く店を見ると「・・・・マジか」と僕はそう一言つぶやきました。

 

なんと行くお店が高級焼肉屋さんだった!

 

そして、そこは大阪人ならみんなが聞いた事のあるような高級焼肉屋さんだったんです!

 

内容も一人10000円のコース!!

よしっ!!

f:id:akihito1129:20190324221948j:plain

ジュル・・・僕の口からヨダレが出たと同時に、これは食べに行かなければと思いました。

 

ここで言っておかなければならないのが僕の会社の親睦会は個人負担なしです!!もう一度言います個人負担なしです!!

 

こうなってくるとただただ「行かないともったいないんじゃないか・・・」となる訳です。

 

なら、僕がする事はひとつでした。

 

出欠リストに〇をするだけでした。

 

親睦会に行くのに問題は??

さて、そこで問題になってくるのは無事に親睦会に行けるのか??

否。答えはノーでした。

f:id:akihito1129:20190324222154j:plain

そもそも行くに当たって、自分の会社なのに知り合いがいないという訳の分からない状態になるのは必至です。

 

で、あれば僕がする事がする事はひとつでした。

 

僕「なんと今回は高級焼肉店に行くみたいですよ」

と上司に声をかける。

上司「いや、行かねーよ

 

僕「今回の親睦会は一人10000円のコースらしいよ」

と普段親睦会に行かない仲の良い先輩に声をかける。

先輩「あ~、無理無理

 

僕「ちょっと今回の親睦会はいいらしいぜ」

とまぁそこそこ話しをする同期に声をかける。

同期「だってケンカになるやろ~

 

となると僕のが取る方法はひとつ。

無心となって、ただ焼肉を食べるのみ。

これに尽きる。

 

心を決めました。

というのも僕は普段鳥貴族ばかり行ってます。鳥ばかり食べているんです。僕の心は牛を食べたい。牛肉を食べたい。しかも良い牛肉を。

 

僕の頭の中は牛肉牛肉高級牛肉高級焼肉牛肉牛肉牛肉牛肉焼肉焼肉高級焼肉・・・・

 

親睦会当日になりました

さぁ今日の僕はただの焼肉ハンター。

出てくる高級牛肉をただ焼いて食べるだけの焼肉ハンターだ。

他は無視だ。

 

だがしかし、久しぶりにくる営業野郎に周りの視線は冷たく。

こそこそと聞こえてくるのは。

「なんだあいつ」

「こんな時だけ来やがって」

「焼肉になったら来るんだな」

「はぁん!なんて都合のいい奴なんだ!」

「ちっ、いっぱしの焼肉ハンターを気取りやがって」

「ほう、なかなか出来そうな奴だな」

 

様々な声が聞こえてきましたが、僕は僕の焼肉ハンターとしてのスキルをいかにフルで発揮するかだけを考えていました。

ただ一心に高級牛肉を待つ僕はあの瞬間だけは本物になれていました。

(全て妄想です)

 

集合時間に着いて、なかなかスタートしない会場で僕は話し相手が全くいないまま上記のような想像をしてとにかく早く時間が過ぎないかだけを考えていました。

 

するとまずつきだしが出てきました

ん~~これじゃ足りないなぁ。

f:id:akihito1129:20190324174416j:plain

 

そしてキムチも出てきました。

f:id:akihito1129:20190324174420j:plain

 

これじゃまだ足りない。

肉が欲しい。

この一人ぼっちの会場では僕には肉が必要だ。

 

ん!?

 

んっ!!

 

んおっ!!?

 

肉が来たああぁぁぁ!!

f:id:akihito1129:20190324174220j:image

 

 網いいぃぃっ!!

f:id:akihito1129:20190324174259j:image

 

焼くうぅぅっ!!!

f:id:akihito1129:20190324174313j:image

 

野菜巻いて食べるうぅぅっ!!

f:id:akihito1129:20190324174351j:image

 

肉美味しっ!肉美味しっ!!

 

親睦会が終わり

気がつけば僕は周りにいる人と笑いながら、焼肉をほお張ってました。

焼肉ハンターという事は完全に忘れていました。

 

美味しい物を囲んでみんなで食べるという事は心の壁を失くすという事が分かりました。親睦会を毛嫌いしていた僕は親睦会っていうのもそんなに悪いもんじゃないなとか思いました

(ちゃんといつもケンカするメンバーはケンカしてましたww)

 

今回会社のあまり話しをしない人とも色々話しを出来たし、ある程度親睦はとれたなって感じで、まぁ次回行くかはどこに行くかで決まるかなwww

 

たまには親睦会もいいかな。